新築

窯業系サイディング メーカー純正シーリング(コーキング)の性能と保証比較

サイディングメーカー純正シーリングなら保証延長になるし、多少の値上げは覚悟しないといけないかな

長期保証を出すくらいだから性能はもちろん良いものよね!

サイディングメーカーにも種類があって、それぞれ特徴を持った製品が多いので迷ってしまいますよね!

さらには純正の高耐候シーリング(コーキング)があるとなると、さらにどれを選べばいいかわからなくなります。

本記事では、住宅業界で7年営業をしている筆者が、窯業系サイディングを取り扱うサイディングメーカーの特徴と純正シーリング(コーキング)についてまとめました。

窯業系サイディング選びや、コーキング選びに迷った方の参考になればと思います。

窯業系サイディングのシェア

NYG(日本窯業外装協会)の統計によると、戸建住宅市場における窯業系サイディングのシェアは約8割です。金属サイディングなど全てを含めた場合、全体の9割はサイディングが使用されています。

窯業系サイディングメーカーランキング

1位は全体の5割を占めるニチハ

2位は4割弱を占めるケイミュー

3位以下はそれほど大差はありません

※ニチハ2022年第一四半期決算資料、ケイミュー新卒採用サイト内数字でみるケイミュー参照

旭トステム神島化学工業などがあります。

今回は純正シーリングを持つ「旭トステム」を含む上位3社を比較していきます。

窯業系サイディング メーカー純正シーリングって?

サイディングメーカーの純正品だからと言って、サイディングメーカーが製造しているわけではありません。

例えば、コンビニのプライベートブランド製品。

セブンイレブンを例にすると「セブンプレミアム」シリーズは食品や飲料、菓子など幅広く展開しています。

ですが、全てセブンイレブンが製造しているのではなく、他の専門メーカーが製造していますよね。

それと同様に、サイディングメーカー純正品も専門のコーキングメーカーが製造しているわけです。

よって、品質は一般市場のものと比較しても、相違はありません。

窯業系サイディングメーカー ニチハ

ここ数年でケイミューを抜いて窯業系サイディングシェアNO.1に躍り出たサイディングメーカー。国内のみならず、国外へもサイディングの輸出を行っています。

代表製品 フュージェ

サイディング同士の隙間はもちろん、サッシ周りや出隅にもコーキングが必要ない「シーリングレス」サイディング。シーリングをなくすことで、仕上がりの美しさを演出。

サイディング表面はマイクロガード(セルフクリーニング)とプラチナコート(高耐候塗装)で守られており、長期に渡って美しさを維持。

ここ数年で認知度をあげてきており、シェア率もアップしている。

純正シーリング材 プラチナシール

4つの特徴を持つ高耐候シーリング材

  • 優れた防水性、湿気、熱に強い接着性
  • 繰り返しの伸縮に負けない耐久性
  • ずっと柔らか、ずっと安心
  • キレイが長持ち、色あせに強い

公式HPからの参考ですが、シーリング材(コーキング)に必要な性能を網羅的に兼ね備えていますね。

保証期間と内容

ニチハサイディング+プラチナシール+その他周辺純正部材を使用

「目地切れ」と「白化」を15年保証

プラチナコートのサイディングだと

サイディングの「塗膜の変色、褐色」が15年保証がプラス

プラチナコート30のサイディングとセットにすると

「塗膜の変色、褐色」が30年保証がプラスになる。

なぜ純正部材を使用するだけで、外壁の塗膜の保証が付くのかは疑問ですが...

長期保証は嬉しいですよね!ただ...これをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

フュージェのメリット、デメリット、セット保証の落とし穴については、下記記事でまとめていますのでぜひ読んでみてくださいね!

窯業系サイディングメーカー ケイミュー

2003年に大手メーカー「クボタ」と「松下電工(現:パナソニック)」の住宅外装建材部門が統合してできた会社です。ニチハに続いて全国シェアは2位。屋根材の取り扱いも多く、定評がある。

代表製品 光セラ 

光触媒と無機塗装による4つの特徴

  • 付着した汚れを分解
  • 親水性が高く、雨水で汚れが流れる
  • 光触媒による抗ウィルス抗菌
  • 紫外線に強く、色褪せしにくい高耐候品

実際に現場で10年経過したサイディングを見ることも多いですが、きれいが長持ちしていると感じます。白化などの経年劣化は少ない製品ですね。

純正シーリング材 スーパーケイミューシール

  • ひび割れ、白化強い高耐候品
  • 薄膜でも色褪せしにくい
  • 汚れにくく、表面がいつまでもきれい

紫外線に対しては、かなり強い製品だと言えると思います。

ですが、防水性能につい言及がないのは少し不安ですね。耐久力はゴムの強さと密着、繰り返しの動きに対する強さが大切です。

保証期間と内容

光セラ+スーパーケイミューシール+その他周辺純正部材を使用

「ひび割れ」と「著しい変色、褐色」を15年保証

きれいを長持ちさせるのに15年保証があるのは嬉しいですね!

こちらもセット保証に落とし穴があるんです。保証内容はしっかり確認が必要ですね。

光セラの詳しい性能とセット保証の落とし穴については下記記事で言及しています。ぜひご参考にしてください。

窯業系サイディングメーカー 旭トステム

旭トステム外装株式会社は、サイディングの製造・販売をメインとする会社。AGC株式会社株式会社LIXILの外装部門を統合して設立。海外では需要が多い、樹脂サイディングの取り扱いもしています。

代表製品 ガーディナル

ニチハのフュージェ同様「シーリングレス」のサイディング。特殊部材を使用することでサッシ周りや入角もシーリングレスで施工可能

また、AGCの開発した超耐候性塗料用フッ素樹脂「セルフッ素コート」を採用。長期的な外観維持を可能としている

純正シーリング材 エクセレントシール

  • 脅威のゴムの伸び率
  • 繰り返し試験30年以上の耐久力
  • 30年相当の紫外線を与えてもひび割れなし

一番辛口になりますが、公式HPのこの文言をみても、裏付けである試験条件の記載が一切ないため、信用できないのが本音です...

ガーディナルについても下記記事でまとめています。シーリングレスサイディング同士の比較もしてますので、ぜひご参考にしてくださいね。

まとめ

サイディングメーカー 純正シーリング(コーキング)性能比較と保証内容

公式HPで記載のある情報から算出しました。

耐久性耐候性経年物性変化汚染性
プラチナシール30年〜40年30年相当30年2年後もきれい
スーパーケイミューシール実物件10年経過で問題なし30年相当言及なし8年で色褪せなし
エクセレントシール言及なし30年相当30年相当30年相当

あくまで、それぞれの自社での試験値ですので、鵜呑みにしないことをおすすめします。

保証内容についても下記にてまとめました。※シーリング材(コーキング)のみの保証内容です。

保証年数保証条件保証内容注意事項
プラチナシール15年(最長)純正同質出隅、純正留め付け具を使用凝集破壊(目地切れ)と白化11年目以降補償額が半額になり、毎年補償額が減額される
スーパーケイミューシール15年(最長)純正同質出隅、純正留め付け具を使用ひび割れ、変褪色11年目以降補償額が半額になり、毎年補償額が減額される
エクセレントシール20年(最長)純正同質出隅を使用凝集破壊(目地切れ)と白化16年目以降補償額が半額になり、毎年補償額が減額される

保証はしっかり内容を把握することが大事です。あってないような保証も多いので、損しない選び方をしましょう。

  • この記事を書いた人

nora913

外壁リフォームに携わる製品の営業を7年目。外壁、防水、塗装に関するクレームでの現場調査件数は300件以上。100社以上のリフォーム業者や塗装業者、防水業社へアプローチ。日本シーリング協会が発行する「シーリング技術管理士」取得。
兼業ライターとしても活動中。

-新築
-,