外壁リフォームで失敗しないコーキングの選び方と打ち替え時期

外壁リフォームの基礎知識

外壁リフォームで失敗しないコーキングの正しい選び方と適正時期

家を建てて早10年…そろそろ外壁リフォームをかんがえなくちゃ。

塗料はともかく、コーキングに関しては業者さんにおまかせでいいかしら。

特に外壁リフォームの場合、塗装職人がコーキング工事を行うケースもあり、知識が浅く、間違った工事をされる可能性もあります。

自ら知識をつけておくことで、そういったリスクを回避できるでしょう。

本記事では、100社以上のリフォーム業者にアプローチしてきた営業マンが、外壁リフォームにおけるコーキングの必要性能やリフォームの適正時期、施工方法を紹介します。

外壁リフォームにおけるコーキングの必要性能

コーキングは新築時と外壁リフォーム時で、求められる役割と必要性能がすこし異なってきます。

まず、コーキングは住宅の外壁の隙間を埋める防水材です。

新築の場合、外壁の動きや紫外線などでダメージを受けるため、耐久性と耐候性が必要となってきます。

外壁リフォームでは、塗装性ノンブリードが必要不可欠となってきます。

塗装性

塗料との相性の事で、塗料の密着性や塗料の割れ性などが含まれます。

市場では塗料、コーキングともに様々な種類があるので、組み合わせは膨大です。

そのなかでも相性がいいものを選ぶことが大切です。

コーキングの塗装性がよくないと、塗料のはがれや浮きにつながります。また、塗料が割れてはがれることで、美観を損なってしまいます。

ノンブリード

ノンブリードとは、可塑(カソ)剤とよばれる成分が配合されていない製品のことです。

一般的に、コーキングには、職人の作業効率化のために可塑剤が含まれています。

可塑剤は経年で流出する成分で、目地やその周辺を汚染します。

ノンブリードではないコーキングを使用して塗装した場合、コーキングから流出した可塑剤が塗料に移行してしまいます。その結果、表面がベタついてしまい、ゴミや汚れが付着することで、美観を損なってしまいます。

外壁リフォームのタイミングは?コーキング打ち替えの劣化サイン

結論からいうと、白化ひび割れが見られたら、コーキングの打ち換えを検討しましょう。

剥離目地切れが発生している場合は、早急な打ち換えが必要となります。

劣化速度は、コーキング本来の性能、目地形状や環境因子などによって異なってきます。

また、日当たりの良い面や悪い面によって、劣化状況は変わってくるのです。

それでは、写真とともにみていきましょう。

剥離、目地切れ

剥離
目地切れ

防水性能に関わる現象なので、早急な打ち替えが必要となってきます。

早期の剥離(〜5年ほど)に関しては、劣化というより施工上の不備の場合が多いので、発見次第工務店やビルダーに連絡し、その都度直してもらいましょう。

目地切れはの原因はさまざまですが、コーキングの経年での硬質化が一つあげられます。前項目で紹介した「ノンブリードタイプ」を使用することで、この硬質化はある程度防ぐ事が可能です。

白化(チョーキング)、ひび割れ(クラック)

目地際の白化
ひび割れ

美観に関わる現象です。

外壁リフォームの際にはこちらを目安にすることの方が多いでしょう。

特に日当たりの良い面のコーキングから発生する劣化です。

白化(チョーキング)

白化は紫外線によってダメージを受けたコーキングが分解され、コーキングの成分が粉上になって現れ、白くなる現象です。

手で触ると白い粉が付着してきます。

コーキングのみならず、サイディングでも発生する現象なのです。

ひび割れ(クラック)

ひび割れも白化同様、紫外線によってダメージが与えられ、表面が劣化していく現象です。

初期は細かいひび割れですが、経年でひび割れが大きくなり、そのまま放っておくと目地切れにつながってしまいます。

これらの劣化を遅らせるためにはコーキングの耐候性が必要です。

また、施工上の不注意で発生する場合もあります。

外壁リフォーム、おすすめコーキング3選

リフォームの場合、「塗装性」が良い「ノンブリードタイプ」のコーキングが必須です。

また、長持ちするコーキングを選ぶと、長期的なメンテナンスコストを抑えることができます。

それでは、筆者が選ぶ外壁リフォームでおすすめのコーキングを3つ紹介します。

1.オートンイクシード

公式HPより抜粋

長寿命な塗料を使用して、長持ちさせたいなら「オートンイクシード」1択。

耐久性、耐候性(塗装を塗らない場合)、ゴム物性が圧倒的に高い製品です。

さまざまなリフォーム業者や塗装業者のHPで紹介されており、全国での知名度も高い製品です。ウレタン樹脂のコーキングなので、塗装性も良くノンブリードタイプの製品です。

2.オートンサイディングシーラント

公式HP抜粋

「オートンイクシード」を製造している「オート化学工業(株)」販売実績も30年以上のベストセラー商品。耐久性とゴム物性に定評があり、色数300色と多彩なラインナップ。こちらもウレタン樹脂のコーキングなので、塗装性良好。ノンブリードタイプ。

3.SRシール S70NB

公式HP抜粋

2021年からリニューアルをし、ノンブリード化したSRシールS70。色数は300色以上と幅広い塗装に対応可能です。変成シリコーン樹脂のコーキングですが、塗装性は良い。また、ゴムが柔らかく、サイディングとの接着力も良好。

外壁リフォーム.コーキング施工方法2種

外壁リフォームの場合コーキングの施工は2種類あります。

見積書で「コーキング一式」なんて項目でまとめて多額の請求をされることもあるんです。

それぞれで施工費用も変わってくるのでしっかり理解しておきましょう。

既存撤去打ち替え

板間目地などの撤去可能な目地のコーキングをカッターなどで切り取って、新しいコーキングに打ち替えること。既存のコーキングを綺麗に除去する、専用のプライマーをしっかり塗ることが重要。

増し打ち

サッシ周りや入角部など、撤去が困難な箇所に、上からコーキングを被せて打つこと

被せるコーキングの厚みが重要です。

既存のコーキング表面劣化している場合、劣化部分をできる限り除去してから被せるのがポイント。

既存のコーキングからのブリード(可塑剤流出)に注意が必要です。

外壁リフォーム.コーキング工事の相場は

打ち替えと増しうち、使用される材料などで変動します。

一般消費者に請求される額としては、一般品が使用されたと考えると

打ち替え:800円〜1200円/1m当たり

増しうち:500円〜800円/1m当たり

上記で紹介したオートンイクシードのような高耐久品を使用する場合+200円〜400円ほど、見ておくといいでしょう。

一戸建て住宅の1件あたり相場は出しづらい傾向にあります。

一般的にコーキングはm単価なので、目地の長さによって金額が異なります。

出隅がサッシなどの開口部が多いほど目地が増えるので、それだけ金額も上がっていきます。

また、コーキング工事には足場設置が必要となってきますので、上記の金額に足場設置(18〜25万円ほど)がプラスされるのをお忘れなく。

まとめ

  • 使用されるコーキングがノンブリードタイプで塗装性がいいものか確認する。
  • 剥離や目地切れが発生している場合はすぐに工務店やビルダーへ連絡。
  • 白化やひび割れが発生した場合、外壁リフォームを検討する。
  • 1成分形のコーキングで塗装と近い色で施工してもらう。
  • 打ち替えは既存コーリングを撤去して、新しいコーキングに打ち替えること。
  • 増しうちは撤去が困難な箇所の古いコーキングの上に新しいコーキングを被せて打つこと。

コーキング工事費用目安

打ち替え:800m円〜1200円/m  増しうち:500円〜800円/m

以上のことを気にしていれば、外壁リフォームにおいてコーキング工事で失敗する可能性はグッと下げられると思います。

ここ数年でリフォーム業者の数は急増しており、知識の浅い業者がいるのも事実です。正しい知識を身につけて、騙されないようにしましょう。


見積もりだけでもやってみようかな。

ぜひ一括見積サイトを利用してみてください!

完全無料で複数社の見積もり取得が可能です。

厳選したTOP3のサイトを下記記事で紹介しています!

【2021年最新版】外壁リフォーム一括見積サイトランキングTOP3

  • この記事を書いた人

nora913

外壁リフォームに携わる製品の営業を7年目。外壁、防水、塗装に関するクレームでの現場調査件数は300件以上。100社以上のリフォーム業者や塗装業者、防水業社へアプローチ。日本シーリング協会が発行する「シーリング技術管理士」取得。
兼業ライターとしても活動中。

-外壁リフォームの基礎知識
-, ,