外壁塗料の種類とおすすめ

おすすめ塗料

【最強の塗料】外壁塗料のおすすめはシリコン?種類別の価格と耐用年数

外壁塗料の種類ってどのくらいある?シリコンがいいってよく聞くけど...。

外壁塗料の種類ってどのくらいあるコスパ最強の塗料はどのメーカーのどの製品?

はじめての外壁塗装工事。

業者に紹介されるがまま、採用するのは少し抵抗がありますよね。

そこで、外壁塗料の種類とおすすめ製品を紹介します。

塗料の種類別の価格や期待耐用年数を知ることで、安心して工事をまかせることができるようになるのです。

後半ではコスパ最強おすすめ塗料も紹介していますので、ぜひご覧ください。

外壁塗装の地域相場が気になる方は 

外壁塗装の相場、わかります【ヌリカエ】

外壁塗料の種類8選

外壁塗料の種類8選

外壁塗料は樹脂によって耐用年数や費用が異なります。

ウレタンやシリコンという言葉を日常生活で耳にすると思いますが、そのほかにもさまざまな樹脂があり、樹脂によって塗料の特徴も変わってくるのです。

ウレタン塗料

耐用年数 5〜10年

価格   1,800〜2,500円/m2

今回紹介する中では、一番耐用年数が低い塗料です。

できるだけ外壁塗装の費用を抑えたい方や部分的に補修する場合に適しています。

10年未満に引越しを考えているが、今のままの外観では納得できない方にはおすすめします。

ウレタンは密着力が高いため、雨どいや手すりの塗装に向いています。

シリコン塗料 

耐用年数 7〜15年

価格   2,300〜3,500円/m2

価格と性能のバランスがよく、長年使われてきた塗料です。

各メーカーの売れ筋商品はシリコンが多かったが、ラジカル制御型塗料が販売されてからは減少。

ですが、一定数の需要はあります。

価格が上がると耐用年数も伸びていきます。

ラジカル制御型塗料

耐用年数 8〜16年

価格   2,200〜4,000円/m2

塗膜の劣化や変色を防ぐ性能を持っている塗料です。

ラジカルは樹脂名ではなく劣化を促進させる成分のことで、樹脂はシリコンやアクリルなどさまざまです。

シリコンと同等の費用で、期待耐用年数が1〜2年長いため、人気のあるタイプです。

ナノテク塗料

エコな塗料

耐用年数 10〜15年

価格   2,400〜5,500円/m2

ナノテク塗料とは、ナノテクノロジーを駆使して製造された塗料で、製造過程で発生する二酸化炭素などをカットすることができる、エコな塗料です。

艶がなくマットな仕上がりで、表面に汚れがつきにくく、カビなどの細菌が発生しにくい塗料です。

セラミック塗料

耐用年数 8〜20年

価格   2,300〜4,500円/m2

断熱や遮熱機能を持った塗料で、遮熱より断熱の方が高価です。

樹脂はシリコンやフッ素などが使われている場合が多く、セラミックビーズを配合することで、断熱や遮熱効果を発揮します。

断熱とは

室内と室外の熱の移動を制御する効果をもつため、夏は冷房の冷気を、冬は暖房の熱を室外に逃さない。

遮熱とは

太陽光の熱を反射する効果を持つ。太陽光による室内温度の上昇を抑えることができる。

夏場は涼しい環境で快適に過ごせるが、冬場は室温が上がりにくく、冷え込む場合がある。

ポイント

自治体によっては、断熱、遮熱塗料を使用することで、助成金が出る場合があります。

下記記事にて詳しく解説しています。

ピュアアクリル塗料

耐用年数 13〜15年

価格   3,800〜4,500円/m2

過去には、一般的なアクリル塗料も使用されていましたが、耐久性が5年程度と低いため、使用される頻度は少なくなっています。

ですが、アクリルの純度を100%にした「ピュアアクリル」にすると長寿命かつ汚れにくい塗料となります。

他の塗料と比べ弾性があるため、ひび割れしにくい塗料です。

フッ素塗料

耐用年数 13〜20年

価格   3,500〜5,000円/m2

耐熱性、耐寒性が高いため、季節ごとの気候変化にも対応できるため、期待対応年数20年を実現。

塗料自体のコストが高いため、休業が必要な店舗やビル、マンションなどのメンテナンスサイクルを伸ばしたい場合におすすめです。

また、汚れをつきにくくする効果もあるため、長期的に家の美観を保つこともできます。

無機塗料

耐用年数 15〜25年以上

価格   4,000〜5,500円/m2

無機塗料は、ガラスや鉱物などの「無機物」が配合されている塗料です。

塗料は配合されている有機物が劣化することで、チョーキングや色あせなどのトラブルが発生します。

そこに無機物を配合することで、劣化しにくい塗料となったのです。

ちなみに、無機物だけで塗料にした場合、ひび割れ等が発生するため、「無機塗料」のほとんどに有機物も配合されています。

外壁塗料にシリコンがおすすめな理由

シリコン塗料がおすすめ

従来では「どの塗料にするか迷ったらシリコンが一番!」と勧められてきました。

選ばれる理由は以下の3点です。

  • コスパが良い(費用に対して耐用年数が長い)
  • 選択肢が多い(各メーカーでラインナップが多い)
  • 結露しにくい(透湿性が高いため)

長年、おすすめされてきたシリコン塗料ですが、ラジカル制御塗料が出てきてからは失速。ですが、一定数の人気はあるため、現在ではラジカル制御型塗料かシリコン塗料のいずれかを勧める業者が増えてきています。

外壁塗料シリコンおすすめランキングTOP3

シリコン塗料ランキング

ここからは、長年人気のシリコン塗料のおすすめを3つ紹介します

1位 水性セラミシリコン(エスケー化研)

塗料メーカー「エスケー化研株式会社」が製造・販売をしている塗料です。

下記のような特徴を持っています。

  • 超耐久性
  • 低汚染性
  • 防カビ・防藻性
  • 防水性
設計価格期待耐用年数樹脂
2,050円~/m2 12〜15年シリコン樹脂(セラミックシリコン)

2位 ファインシリコンフレッシュ(日本ペイント)

塗料メーカー「日本ペイント株式会社」が製造・販売をしている塗料です。

下記のような特徴を持っています。

  • 高耐候性
  • 低汚染性
  • 防カビ・防藻性
  • 透湿性
設計価格期待耐用年数樹脂
2,530円~/m211〜15年シリコン樹脂(アクリルシリコン)

3位 クリーンマイルドシリコン(エスケー化研)

塗料メーカー「エスケー化研株式会社」が製造・販売をしている塗料です。

下記のような特徴を持っています。

  • 超耐久性
  • 超低汚染性
  • 防カビ・防藻性
  • 透湿性
設計価格期待耐用年数樹脂
2,200円~/m212〜15年シリコン樹脂(アクリルシリコン)

コスパ最強外壁塗料ランキングTOP3

コスパ最強塗料ベスト3

ここからは、費用と耐用年数を天秤にかけて、コスパの良い塗料をランキング形式で紹介します。

1位 プレミアムシリコン(エスケー化研)

塗料メーカー「エスケー化研株式会社」が製造・販売をしている塗料です。

下記のような特徴を持っています。

  • 超耐久性
  • 超耐候性
  • 低汚染性
  • 防カビ・防藻性
  • 透湿性
設計価格期待耐用年数樹脂
2,050円~/m214〜16年ラジカル制御型(ハイブリットシリコン)

2位 パーフェクトトップ(日本ペイント)

塗料メーカー「日本ペイント株式会社」が製造・販売をしている塗料です

下記のような特徴を持っています。

  • 高耐候性
  • 光沢性(つや)
  • 低汚染性
  • 防カビ・防藻性
  • 透湿性
設計価格期待耐用年数樹脂
2,200円~/m210〜15年ラジカル制御型(アクリル)

3位 アレスダイナミックトップ(関西ペイント)

塗料メーカー「関西ペイント株式会社」が製造・販売をしている塗料です。

下記のような特徴を持っています。

  • 高耐候性
  • 光沢性を選べる(つや)
  • 超低汚染性
  • 防カビ・防藻性
  • 強力な付着力
設計価格期待耐用年数樹脂
2,700円~/m2約15年ラジカル制御型(ハルスハイリッチシリコン系)

まとめ

塗料と一口にいっても、メーカーや樹脂によって性能は異なります。

外壁塗装打ち合わせの際、すすめられた塗料は一度調べてみた方が良いでしょう。

また、安心できる外壁塗装を依頼するためには、優良業者を探す必要があります。

でもどうやって優良業者を探せばいいの?

一括見積サイトの利用をおすすめします。

メリットは以下の通りです。

  • 45秒で簡単登録!お近くの優良業者をピックアップ!
  • 複数社紹介してもらえるので、地域の相場がわかる!
  • 完全無料で相談ができる!

外壁塗装を検討中の方には「ヌリカエ」がおすすめです。

  • この記事を書いた人

nora913

外壁リフォームに携わる製品の営業を7年目。外壁、防水、塗装に関するクレームでの現場調査件数は300件以上。100社以上のリフォーム業者や塗装業者、防水業社へアプローチ。日本シーリング協会が発行する「シーリング技術管理士」取得。
兼業ライターとしても活動中。

-おすすめ塗料