神島サイディングの評判

新築

【カタログから読み解く】神島化学工業のサイディングの特徴5選 評判は?

新築の外壁選びで聞いたことない企業(神島化学)のサイディングをすすめられたのだけれど、評判はどうなの?

サイディングといえば「ニチハ」や「ケイミュー」のイメージがあるのだけれど、神島化学のサイディングの特徴は?

普段聞き慣れないメーカーをおすすめされると不安になりますよね。

特に、現在のサイディング業界は「ニチハ」「ケイミュー」の2強の市場です。

しかし、神島化学のサイディングにはこれらのメーカーにはない特徴が多くあります。

本記事では、神島サイディングの評判やカタログから読み解く5つの特徴、保証内容について解説していきます。

本記事をご覧いただくことで、神島化学のサイディングが外壁選びの候補になるかもしれません。

ぜひ最後までご覧いただいて、ご検討ください。

神島化学工業のサイディングの評判は?

SNSなどで調べてみましたが、良くも悪くも評判は少ない印象です。

ただ、公式カタログにものっている通り「重厚感」や「存在感」は、他メーカーのサイディングより優れているという評価が多かったです。

確かに、神島化学サイディングの標準の厚みは「18mm」あるので、他メーカーの標準品より分厚くなっているため、より存在感が出るのでしょう。

また、デザインも秀逸なところが良い評判につながっています。

神島化学工業とは

ここからは、神島化学工業について軽く触れていきます。

神島化学工業株式会社は100年以上続く歴史ある化学メーカーで、上場もしています。

建材事業は後発で、1972年から参入しており、現在では売上の6割以上を占めているのです。

化成品では「マグネシウム」や「セラミック」を販売しています。

サイディングは縮小傾向

サイディングの売上は年々縮小傾向にあります。

というよりは、ここ数年で一般汎用品から高級品へとシフトしています。

神島化学の強みは、ブランド品を流通させるというよりは、ハウスメーカー向けのOEM製品が主流です。

全国にフランチャイズ展開されているビルダー等にも採用されているため、建築業界では有名な企業なのです。

軒天ボードが強い

神島化学の建材製品の「軒天材※」の種類も豊富です。

サイディングより軒天ボードのシェア率の方が高い傾向にあります。

軒天ボードも付加価値のついた高級志向へシフトしており、他メーカーとの価格競争からは一時離脱しているように見受けられます。

軒天材とは

軒天材とは、屋根の裏側に取り付けるボードこと。 一般住宅でいうと三角屋根が家から出っ張った部分の裏側に施工します。

カタログから読み解く神島化学工業のサイディングの特徴5選

ここからは、公式カタログから抜粋した、神島化学サイディングの特徴を5つ解説します。

他メーカーにはない特徴もあるので、ひとつひとつ確認してみてください。

圧倒的なと重厚感

繰り返しになりますが、「重厚感」や「存在感」は神島化学にしか出せない特徴です。

一般的なサイディングの厚みは15mm〜16mmですが、神島化学のサイディングは標準が「18mm」なのです。

サイディング表面の凹凸デザインと質感にこだわったサイディングは圧巻です。

サイディングの厚みは、耐久性や耐震性にも影響するため、厚みのある方が高耐久とされているのです。

グランコート(親水オーバーコート)

雨で汚れを流す「親水オーバーコート塗装」を採用。

優れた親水性で、雨がグランコートと汚れの隙間に入り、汚れを浮かせて押し流します。

太陽光を必要としないため、北面や日陰などで効果が薄れることがありません。

断熱と遮音性に優れる

セメントやモルタル、コンクリートと比較して、熱伝導率に優れています。

夏は室内温度の上昇を抑え、冬は温めた室温を保つことができるのです。

遮熱防水シートを使用することで、より一層の効果を得ることが可能です。

また、外からの騒音を最小限に抑える遮音性能を持っています。

例えば、屋外の人の話し声が60dbだった場合、屋内では31dbと、約50%の騒音をカットすることができるのです。

ちなみに30dbは人のささやき声程度の音量になります。

防火サイディング

神島化学の建材シリーズ「DRESSE PREMIUM(ドレッセプレミアム)」では、全ての製品で「不燃材料認定品」となっています。

また、アスベストを使用しない「ゼロアスベスト商品」なので、施工者並びに居住者の方も安心して使用できるのです。

不燃材料認定品とは

国土交通大臣より不燃材料と認定された防火材料のこと。

1時間及び45分の準耐火構造と防火構造の認定を受けている。

好みの色のサイディングが作れる

神島化学の建材シリーズ「DRESSE CUSTOMIZE(ドレッセカスタマイズ)」では、これまでの特徴にプラスして、好みの色と柄で外壁材を作ることができるのです。

サイディングのフルカスタマイズは、他メーカーにはない試みのため、業界からの注目も集まっています。

また、サイディングの厚みも「18mm」「21mm」から選べるため、耐久性も申し分ない製品なのです。

神島化学工業のサイディングの保証について

サイディングを選ぶ上で、長期保証の有無は気になるところ。

保証によって選択肢になるかならないかが決まるといっても大袈裟ではありません。

ここからは、前項の特徴を踏まえて、神島化学のサイディングの保証についてみていきましょう。

製品本体保証10年または2年

サイディングまたはモールの製品保証は下記の通り

重大な不具合(10年保証)

  • 製品の割れ
  • 欠けと下地の露出
  • 剥がれ落ち
  • 外壁材の著しい反りやうねり

その他の不具合(2年保証)

  • 外壁材の軽微な反りやうねり
  • 軽微なひび割れ(幅0.2mm、長さ50mm以上)
  • 塗膜の剥がれ、膨れ、色あせ

塗膜保証10年以上

サイディング表面の塗膜保証については、一般品(DRESSE)が10年、高耐候品(DRESSE PREMIUM)が15年です。

保証内容は「塗装の外観状の著しい異常」となっており、色あせやチョーキングなどの現象については明記されていません。

また、保証対象は顧客ではなく、元請け(ビルダーやハウスメーカー)なので、施主様

への直接の保証ではありません。

条件としては、神島化学水晶の出隅や付属部材を使用した物件に限ります。

純正コーキングとのセット保証はない

「ニチハ」や「ケイミュー」は独自の純正コーキングを持っているため、セット保証を謳っているケースが多くみられます。

神島化学は純正コーキングを持っていないため、セット保証はありません。

ですが、「ニチハ」や「ケイミュー」の場合、サイディング単体での保証期間は「10年」なので、神島サイディングの「15年」保証は魅力的といえます。

まとめ

神島化学の評判と特徴

  • 重厚感や存在感の評判が良い
  • 防水性や遮音性、断熱性に優れる
  • 不燃材料としての認定がある
  • 色や柄など、フルオーダーでサイディングが作れる

神島化学サイディングの保証

  • 製品保証10年(2年)
  • 塗膜保証10.15年
  • 純正コーキングがないのでセット保証はない

他メーカーと比較しても、負けず劣らずの性能があることがわかりました。

他メーカのサイディングについても他記事にまとめていますので、ぜひ外壁選びの参考にしていただければと思います。

引越準備してる?半年前からはじめておく事前準備

念願のマイホーム購入。外装や内装を決めれば、あとは家が出来上がるのを待てばいい!と思っていませんか?

やることがまだまだたくさんあるんです!

「引越業者の手配&準備」「家具、家電購入&レイアウト」「火災保険加入」「不用品の整理」などなど......

下記記事で、準備をはじめる時期損しないためのポイントを紹介しています。

まだ入居まで半年もあるんだし大丈夫だろ。

と思っている人ほど、入居ギリギリでバタバタしてしまうのです。

  • 繁忙期で引越し業者の予約が取れない。
  • 新生活の時期で欲しかった家電や家具が売り切れている。
  • 勧められて入った火災保険の保険料が高すぎる。

準備に早すぎることはありません!早起きは3文の得!

損しないために、ぜひご覧ください。

  • この記事を書いた人

nora913

外壁リフォームに携わる製品の営業を7年目。外壁、防水、塗装に関するクレームでの現場調査件数は300件以上。100社以上のリフォーム業者や塗装業者、防水業社へアプローチ。日本シーリング協会が発行する「シーリング技術管理士」取得。
兼業ライターとしても活動中。

-新築