外壁洗浄の相場費用

外壁補修の費用相場

外壁洗浄(クリーニング)の業者に依頼した際の費用相場と必要性

軒下がやけに汚れているなぁ…クモの巣もあるしどうやって除去しようかな。

外壁のコケや汚れを洗っても全然落ちない!外壁洗浄を業者に依頼したらいくらかかる?


こんな悩みありませんか?

外壁洗浄にかかる費用としては「足場・養生費用」「高圧・バイオ洗浄費用」がかかってきます。

決して安くはない工事ですが、下記のような金額以上の効果が得られるのです。

新築時の外観を取り戻すことができる

劣化を初期段階で発見できる

ベストな塗装時期を逃さない

本記事では外壁洗浄を業者に依頼した際の費用相場、工事の流れなどを網羅的に解説しています。

ぜひ最後までご覧いただき、ご参考にしていただければ幸いです。

外壁洗浄を業者に依頼したときの費用相場

高圧洗浄

外壁洗浄を業者に依頼した場合の費用相場と工事内容は以下の通りです。

足場・養生費用

足場費用600円〜1000円/円m2   養生費用200〜300円/m2

平家であれば、立地環境や条件によって足場が不要な場合もありますが、一般的には外壁洗浄のみの工事でも足場は必要です。

また、養生は花壇や窓、車や近隣に水が飛散する可能性がある箇所などに行います。

飛散防止対策として足場自体にネットを取り付けるため、ネットの取り付け費用として+αの費用がかかることも想定しておきましょう。、

高圧洗浄費用

100〜300円/m2

業者に依頼すると、高圧洗浄機で外壁の洗浄を行います。

外壁がモルタルなどの場合、高圧洗浄の圧に耐えきれないため注意が必要です。

高圧洗浄には2種類の噴射パターンあり、扇状に水が出てくる通常噴射は主に外壁の洗浄に使用されます。

円を描くように水が出てくるトルネード噴射は広範囲かつ高い水圧なので、屋根の洗浄に使用されます。

高圧洗浄は使用方法や水圧調整を間違えると大事故に繋がりかねません。

また、外壁や屋根そのものを傷つけてしまう恐れがるためDIYに使用するのはやめましょう。

バイオ洗浄費用

高圧洗浄費用+200〜300円/m2

汚れの程度が顕著な場合や、カビ・コケなどの繁殖抑制の目的であれば、バイオ洗浄を依頼しましょう。

バイオ洗浄は特殊な洗剤を使用するため、一般的な高圧洗浄より高い効果が得られます。

洗浄方法としてはローラーや噴霧器で洗剤を散布してから洗浄するパターンと洗剤を混ぜて高圧洗浄を行うパターンあります。

草木などに飛散してしまうと枯らしてしまうこともあるので、養生をしてかからないようにしてもらったり、できるだけ外壁から離れたところに移動させることが大切です。

外壁洗浄 3つの効果

外観が綺麗な住宅

ここからは外壁洗浄で得られる効果を3つ紹介します。

意外と知られていない効果もあるので、外壁洗浄を検討されている方は必見です。

外観が綺麗になる

外壁洗浄を依頼する方のほとんどの方の目的は、外観を綺麗にすることです。

工場や車のガス、黄砂などの飛散物、サビやコーキングの流出物など、さまざまな原因で外壁には汚れが蓄積されていきます。

近年ではセルフクリーニングの外壁や塗料もありますが、経年で効果は薄れていきます。

勝手口側の外壁は意識して見ないから、知らないうちに外壁が汚れている…

なんてことになりかねません。

さらに黒ずみを放置しいていると、どんどん劣化が加速していきます。

定期的な外壁洗浄を行うことで、綺麗が持続され、外壁が長持ちするのです。

軽微な劣化の発見

繰り返しになりますが、外壁洗浄を行う場合足場が必要です。

近距離で洗浄するため、外壁の小さなひび割れや欠け、コーキングの切れや剥離などの早期発見が可能です。

特に地上2.3階の場合、地上から目視で劣化を見つけるのは困難です。

劣化が進むと住宅自体の寿命を縮めていきます。

放置していると、大掛かりな工事が必要となり、高額な補修費用がかかる場合もあります。

外壁洗浄を行うことで、そんな劣化を軽微な状態で発見でき、少しの手間で補修が可能になるのです。

コケやカビの予防

薄暗い場所

住宅の立地環境によって、コケやカビが繁殖しやすい場所があります。

「風通しが悪い」

「常に多湿状態」

「太陽光が当たらない日陰」

「植物が生い茂っている」

などの条件が重なると、あっという間に繁殖してしまうのです。

コケやカビが深く根をはると、普通の洗浄では汚れが落ちなくなります。

そうなる前に、バイオ洗浄をすることでコケやカビの繁殖を予防することも可能になるのです。

外壁洗浄業者の工事の流れと注意点

スケジュール

外壁洗浄工事の依頼から終了まで、ながくても1週間程度で終わります。

それぞれの詳細とおおよその日数をまとめました。

現地調査と見積もり

まずは汚れの程度や立地環境、家の大きさのなどの確認のための現地調査があります。

その後、見積書をもらって検討します。

見積書の注意点

初回から説明もなしにバイオ洗浄の見積が出ている場合は要注意です。業者が工事単価を上げるために出してきている場合があるので、別の会社を探すことをおすすめします。

近隣あいさつと足場設置

足場設置や高圧洗浄の際、騒音が発生します。

また、高圧洗浄の水しぶき等が飛散することもあるため、トラブルを回避するためには近隣住民へのあいさつが必要です。

ほとんどの場合業者が行ってくれますが、見積段階で確認しておきましょう。

足場工事は一般的な大きさの住宅であれば半日程度で終わります。

洗浄と乾燥

洗剤や水がかかってほしくない箇所の養生後、高圧洗浄に入ります。

2〜3時間で終わらせる業者もいるようですが、まず不可能です。

見積段階で、どの程度の時間がかかるか聞いておきましょう。

一般的には洗浄で1日、乾燥に2日ほどの日数がかかります。

水道代は依頼者負担

高圧洗浄に使用する水は依頼者宅のものを使用します。大量の水を使用しますが、一般的には1000〜2000円の水道代アップ程度で済みます。

足場解体と近隣挨拶

乾燥後のチェックで問題なければ、足場解体と工事完了のあいさつで終了となります。

外壁洗浄業者選び 3つのポイント

選択分岐

悪徳業者や手抜き業者を回避するためには、業者の見極めが重要です。

3つのポイントを抑えて、優良業者を見つけ出しましょう。

地元の老舗がベスト

地元の口コミや過去に依頼した人からの紹介であれば、失敗はありません。

また、地元の老舗業者は、お客さんとの信頼あってこそ長く続けることができているため悪い業者ではありません。

見積もり段階で詳細を説明してくれる

見積書の内容が細かく記載されており、口頭でもしっかり説明してくれる業者を選びましょう。

外壁汚れ状況に合わせた提案をしてくれるところがベストです。

不安を煽って高額な工事を進めてくる場合、別の業者を探すことをおすすめします。

相見積もりをとる

見積りは最低でも2社とるようにしましょう。

1社だけでは適正価格なのか、現地調査結果が本当に正しいのかがわかりません。

信頼できる業者を見つけることができれば、その後のトラブルのリスクを大幅に下げることができます。

外壁洗浄のDIYはあり?

DIY

外壁を洗うくらい自分でもできるよ!

と思う人も少なくないと思います。

ここからは外壁洗浄をDIYでできる場合と業者に依頼した方が良い例を紹介します。

小面積であればあり

部分的な軽度の汚れや、手の届く範囲ではればDIYは可能です。

また、短いスパンでの外壁洗浄もDIYがおすすめです。

洗浄は柔らかいブラシと薄めた中性洗剤で優しく洗うのがコツです。

強く擦ったり、強力な洗剤を使ったりすると、外壁の塗膜を落とすことになります。

こんな場合は外壁洗浄業者に依頼

高所作業の場合

脚立や2連はしごなどで個人が行う高所作業は危険です。

また、足場がしっかりしない状態では思い通りの洗浄もできません。

外壁にひびや欠けがある

外壁が劣化を見つけた場合も、DIYはやめておきましょう。

劣化箇所から外壁の内側に水が入ったり、劣化箇所を悪化させる恐れがあります。

素人の高圧洗浄はダメ

一番やりがちなのが、家庭用の高圧洗浄機を使ってしまうこと。

プロ用と比較して、最大水圧は低いものの家庭用の高圧洗浄機でも十分外壁を傷つける圧力を出せます。

また、外壁表面の塗膜を落としてしまうことにもなるため、個人の高圧洗浄機の使用は絶対にやめましょう。

個人の外壁洗浄は以上のようなリスクを伴います。

DIYで部分洗浄は可能ですが、基本的には業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

費用

外壁洗浄の費用相場は工事内容によって異なってきますが、足場を含めても

10万円〜25万円程度です。

外壁洗浄をすることで得られるメリットとしては

まるで新築当初の外観を得られる

軽微な劣化を発見でき、少ない費用で補修ができる

カビやコケなどの繁殖を抑えることができる

定期的な外壁洗浄を行うことで、外壁の寿命を最大限まで引き出すことができるのです。

もし、外壁の汚れを放置していた場合、外壁洗浄だけで落とせなくなることもあります。

外壁の劣化状況によっては、外壁塗装を進められることもあります。

そんな時、即決するのは絶対にやめておきましょう。

外壁洗浄と同様、相見積もりが必要不可欠となってきます。

相見積もりをとることで相場や適正工事がわかります。

相見積もりってどこでとることができる?

と思ったあなた!

一括見積サイトを利用すれば手間要らずで、複数社の見積もりが取得できます!

下記サイトに、厳選した外壁塗装一括見積もりサイトをランキング形式で紹介しています。

ぜひご参考にしてみてください!

  • この記事を書いた人

nora913

外壁リフォームに携わる製品の営業を7年目。外壁、防水、塗装に関するクレームでの現場調査件数は300件以上。100社以上のリフォーム業者や塗装業者、防水業社へアプローチ。日本シーリング協会が発行する「シーリング技術管理士」取得。
兼業ライターとしても活動中。

-外壁補修の費用相場
-